ビットコインFXならbitbank Trade

【ビットコイン初心者向け】チャートの出来高とは?テクニカル分析をわかりやすく大解説

豆知識:生まれたての赤ちゃんは「出来高」って喋れない

どうも、あぽろです。

ビットコインや株の取引をしていると、「出来高」って言葉が聞こえてくることはありませんか。

「出来高が増えてるからそろそろビットコイン上がりそう!」

dekidaka

投資初心者の人は、ついこのような言葉に踊らされてしまいがちです。一体「出来高」とは何なのでしょうか。この「出来高」を知ることが、テクニカル分析を学び、投資中級者になるための最初の一歩だと思います。

というわけで、今回は、「出来高」について解説して行こうと思います。

合わせて読みたい①
【ビットコイン初心者向け】ローソク足の種類とその見方とは?わかりやすく大解説
→ 陽線・陰線の説明から丁寧に、初心者向けにまとめました。

準備はできたか…!?

!?!?

出来高とは?

そもそも出来高とは?

出来高とは、取引所で成立した売買の取引量のことを指します。

「売買の取引量」ですから、売りか買いかは分かりません。売りが増えても出来高は上がることになりますし、買いが増えても出来高は上がることになります。

「出来高」ってどこで見れるの?

下のチャートはCoinCheckのビットコインのチャートですが、下の方に、何やら棒グラフみたいなものがありますね。

dekidaka

これが、その期間での出来高を表しているのです。投資を始めて間もないうちは、値動きのチャートだけに目をとられがちですが、チャートの下にある棒にも着目しないといけないんですね。

合わせて読みたい②
キングコング西野さんの新通貨L(レターポット)が革命的すぎる!
→ キングコング西野さんが制作することを発表した仮想通貨「レターポット」。文字を通貨にするという一見革命的なアイデアですが、果たしてこれは本当に革命的なのでしょうか?自分なりの意見をまとめてみました!

出来高から何がわかる?

基本的には、出来高の上昇→価格の上昇と考えて大丈夫です。出来高が上昇しているということは、新規参入者が増えていたり、価格の上昇に直結するような「材料」が出ていて注目を浴びていたりするわけですから、その後価格は上がることが多いです。価格の上昇に先立って出来高が上昇するなんて言われ方がされるくらいですからね。

しかし、出来高だけで、チャートの判断をするのは危険です。基本的に、テクニカル分析は、複数の分析法を組み合わせて行うのが一般的ですから、例えば、出来高が上昇していて、なおかつゴールデンクロスが見られたら買う、など、自分なりのルールを作って投資を行うのが、投資中級者へのはじめの一歩と言えるでしょう。

合わせて読みたい③
【ビットコイン初心者向け】移動平均線の種類・見方とは?テクニカル分析をわかりやすく
→ 移動平均線とは?から、加重平均移動平均線、ゴールデンクロス・デッドクロスといったテクニカル分析まで説明しました!

次回予告

ここまで、テクニカル分析の基礎「ローソク足編」「移動平均線編」「出来高編」と説明してきました。

次回から、「ダブルトップ」など、頻繁に見られる具体的なチャートの形について解説していきたいと思います!お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です