ビットコインFXならbitbank Trade

【仮想通貨】海外取引所Liquiの登録方法を解説!マイナー草コイン仕込みにオススメ!

あぽろ
どうも、あぽろです!

今回は、ウクライナの取引所Liquiの登録方法について解説していきたいと思います。

Liquiってどんな取引所?

Liquiは、2016年に設立されたウクライナの取引所です。

2017年の12月にビットコインがハッキングされたことで少し話題になりましたね。

サーバーも非常に不安定で、取引所としてはかなり不安な部分も大きいです。

一方で、他の取引所にまだ上場されていないマイナー通貨が購入できるため、高騰する前の有望な通貨をいち早くゲットすることができるというメリットもあります。

Liqui

日本の取引所やBinanceと比べると、安定した取引所とは決して言えませんから、利用は自己責任でお願いしますね。というわけで、今回は、Liquiの登録方法を解説していきたいと思います。

登録方法

まずは、Liquiの公式サイトへアクセスします。下のボタンから飛ぶことができます。

Liquiのトップページが開けたら、まず右上のSign In/Upを押しましょう。

signup

すると、下のような画面が出てきますが、EmailとPasswordの欄は、すでにアカウントを持っている人のログイン用なので、 Sign Upを選択します。

signup

この画面に移ったら、①に自分の好きなユーザーネーム、②にEmailアドレス、③④にパスワードを入力し、チェックボタンを押してから、Sign Upを選択しましょう。

ユーザーネームを入力」というのは他の取引所ではなかなか無いかもしれませんが、問い合わせなどの際に使う(?)だけなので忘れないものならなんでも大丈夫です。Emailアドレスと同じにするのは推奨しません。

signup

Sign Upを押すと、登録したメールアドレスにメールが届くので、メールに貼られているリンクをクリックすると登録完了です。

あぽろ
簡単だね!
MEMO
※ Liquiは本人確認書類を提出する必要はありません。

2段階認証は必ず設定しておこう!

日本の取引所と同様、Liqui二段階認証があるので、必ず設定しておきましょう。

使うアプリは恒例のGoogle Authenticatorです。

「Google Authenticator」を、まだダウンロードしていない方はここからダウンロードできます。



Google Play で手に入れよう



まず、Liquiのトップページから「Profile」→「Account Security」を選択しましょう。

profile


signup

すると、QRコードが出てくるので、日本の取引所同様、Google Authenticatorで読み取って、出てきた6桁の数字を打ち込めば設定完了です。

合わせて読みたい!

QTUM系トークンが多数ある取引所EXX.comを紹介しました。

Liquiへの送金方法

以上で、Liquiへの登録は終わりですが、Liquiで通貨を購入するためには、Liquiへ通貨を送金しなければなりません。

Liquiへ直接日本円を入金することはできませんから、ビットコインで送金することになります。

送り方

Liquiのトップ画面から、「Balances」を選択して、ビットコインを送金する場合はビットコインのDepositを選択します。

liqui

すると、ビットコインを入金する時のアドレスが表示されるので、CoinCheckなどから、そのアドレスに向けてBTCを送金しましょう。

address

注意
間違えてBCHを送ってしまわないように注意して下さい!

以上、Liquiの登録方法と送金方法についてでした!

LiquiにはSRNをはじめとして、有望なマイナー銘柄がたくさんあるので、よかったら使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です