ビットコインFXならbitbank Trade

bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法を解説。登録方法が簡単で初心者にオススメの取引所です

今回は、日本の仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank.cc)の登録方法について説明していきたいと思います。

ビットバンク(bitbank.cc)は、ビットフライヤーやコインチェックに比べると、まだまだ知名度が低いですが、個人的には最もオススメできる取引所だと思います。

bitbank.cc(ビットバンク)を使うメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  1. 手数料無料で、リップルやイーサリアムを購入することができる
  2. 顧客の全資産がコールドウォレットで管理されていて、セキュリティも安心
  3. 洗練されたオシャレな画面で、取引がしやすい

これらの詳しい説明については、本記事の後半に詳しく書いたので参考にしてくださいね。

まずは、bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法について解説していきます。

bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法

まずは、bitbank.cc(ビットバンク)の公式サイトへアクセスしましょう。

次のような画面が出てきたら、登録したいメールアドレスを入力して、「無料口座開設」を押します。

bitbank.cc(ビットバンク) 登録方法


すると、メールが送られてくるので、メールに書かれたリンクへアクセスします。

注意

「なぜかメールが来ない!」という方は、迷惑メールボックスを確認してみましょう。

次の画面が出てきたら、パスワードを設定して、3箇所にチェックをして登録ボタンを押しましょう。

bitbank.cc(ビットバンク) 登録方法

次に、基本情報の入力に移ります。ログイン後、右上の「人」のマークから、「登録情報」を選択します。

bitbank.cc(ビットバンク) 登録方法

以下のページが出てきたら、氏名・住所諸々必要な情報を打ち込んだ後、「次に進む」を選択しましょう。

bitbank


「基本情報の入力が完了しました」と出たら、次に本人確認書類の提出に進むことになります。

bitbank


アップロード書類の種類を選び、絵をクリックして、そこから書類をアップロードします。最後に「アップロードする」を押せば登録は終了です。

アップロードする書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

の4種類から選べます。持っている方なら、「運転免許証」が無難で楽だと思います。

bitbank.cc(ビットバンク) 登録方法


これで、登録は終了ですが、bitbank.ccでは、本人確認完了のハガキが届くまで、入金することができません。1月現在、3日ほどでハガキが届きますので、焦らず待ちましょう。

bitbank.cc(ビットバンク)の二段階認証

取引所の登録を終えた後に必ずしなければならないのが「二段階認証」です。

bitbank.cc(ビットバンク)が初めての取引所だという人からすると、

「二段階認証」って何?

となるでしょうから、簡単に説明しておきますね。

現状のままだと、先ほどの登録方法のところで入力した「メールアドレス」と「パスワード」さえ分かれば、誰でもあなたのページへアクセスし、お金を抜き取ることができてしまうので、さらに、もう一重ロックを掛けておこうということです。

二段階認証には、「Google Authenticator」を使用します。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

bitbank.ccにログインして最初に出てくる画面から、人の形をしたマークを選択し、「セキュリティ」を選択します。

bitbank


二段階認証の設定へと進みます。

nidankai


スマホから、「Google Authenticator」のアプリを開き、出てきたQRコードを読み取ります。

すると、6桁の数字が出てくるので、出てきた数字を「認証コード」のところに入力し、「設定」を押せば完了です。

6桁の数字は、60秒ごとに変わるシステムとなっているので、現在表示されている数字を入力すれば大丈夫です。

bitbank


二段階認証の設定は以上で完了です。

これで全ての作業が完了です。あとは、ハガキが来るまで待つだけです。

bitbank.cc(ビットバンク)とはどんな取引所?

bitbankの特徴①6種類の仮想通貨を取り扱い

ビットコインの他、

  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の5種類のアルトコインを扱う日本の仮想通貨取引所です。

bitbankの特徴②仮想通貨交換業者登録済み

ビットバンク株式会社は、2017年9月29日の時点で「仮想通貨交換業者」に登録されています。

「仮想通貨交換業者」に登録されているということは、金融庁の審査に通り、顧客の資産と自社運用資金の分別管理をしっかり行うなど、適切な運営ができていることが現段階で認められているということを意味します。

bitbankの特徴③bitbank Tradeとは別物

ビットバンク株式会社は、

  1. bitbank.cc (ビットバンク)
  2. bitbank Trade (ビットバンクトレード)

の2つの取引所を運営していて、bitbank.cc(ビットバンク)はビットコインとアルトコインを現物で購入するための取引所、bitbank Trade(ビットバンクトレード)はビットコインのレバレッジ取引をするための取引所です。

あぽろ

正式には、bitbank.ccは「ビットバンク・シーシー」、bitbank Tradeは、「ビットバンク・トレード」と呼んで区別しますが、一般的に「ビットバンク」と言えば「bitbank.cc」の方を指します。

今回は、bitbank.cc(ビットバンク)を紹介していきたいと思います!

bitbank.cc(ビットバンク)を使うメリット

手数料が無料 (※9/30までの期間限定キャンペーン)

bitbank.ccは、なんと、9/30まで全通貨ペア売買手数料無料キャンペーンを行なっています。

bitbank.cc(ビットバンク) 登録方法
※9/30までキャンペーンが延長されました!

日本で大人気のリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)も手数料無料で買うことができます。

手数料が高いと、買った瞬間に損から入ることになってしまいますから、手数料が無料なのは大変嬉しいことですね。

セキュリティ対策もOK!

2018年1月に起きた、コインチェックの580億円分のXEMハッキング事件は、コインチェックが、顧客から預かっているXEMを全てホットウォレット上で管理していたために起こったものであり、コインチェック社のセキュリティの甘さが各方面で批判されていました。

ホットウォレットとは?


常時インターネットに繋がった状態で管理されているウォレットのこと。サーバーから送金操作する事ができる。取引所の性質上、一定額以上をホットウォレットで管理しなければならないのは事実。

一方で、bitbank.ccセキュリティに厳重の注意を払っていると述べています。

bitbank
(bitbankより引用)

bitbank


具体的には、顧客から預かっている仮想通貨の全てをコールドウォレット上で管理しており、ホットウォレットに入れてあるのは、自社の運用している分のみであるようです。

コールドウォレットとは?


インターネット上から完全に切り離した状態で保管されたウォレット。ペーパーウォレットなどがある。


また、マルチシグにも可能な限り対応しており、現在対応していない通貨に関しては、マルチシグへの移行準備を順次進めていると述べています。

そもそも、bitbank.ccビットコインセキュリティ専門の大手企業BitGoとも提携しており、bitbank社のセキュリティへの意識の高さは相当高いと言えそうです。

レイアウトがおしゃれで見やすい

bitbank.ccのサイトは非常に洗練されていて見やすいです。レイアウトの見やすさで言えば、日本の取引所ではコインチェックとbitbank.ccの二強だと思います。

bitbank


また、下のように、チャートに作図できるのも良いところですね。作図の種類も豊富です。

bitbank


アルトコインの指値注文ができる

bitbank.ccでは、リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の全5種類のアルトコインを指値注文することができます。

指値取引とは?

自分の入手したい価格になったら購入するように、指示を出すことができる仕組みです。

例えば、現在、1XRP=88円だとして、80円まで値下がりしたら買いたいな!と思った場合、80円に指値を入れておけば、80円以下になった時に自動で買ってくれます。

sashine

CoinCheckやビットフライヤーでは、アルトコインを指値注文することはできませんから、指値注文できるのは、bitbank.ccの一つの強みだと思います。

スマホアプリもリリース済み!

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット

bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
無料
posted withアプリーチ

bitbank.cc(ビットバンク)は、スマホアプリが(iPhone、Android共に)リリース済みです。

感覚的に操作できて、非常に使いやすいので、ぜひインストールしてみてください。

今回は、ブラウザからのbitbank.cc(ビットバンク)の登録方法を解説しましたが、アプリから直接登録することもできますよ。

bitbank.cc(ビットバンク)のデメリット

比較的出来高が少ない

出来高とは?


一定期間で成立した、「売り」と「買い」の合計額の事。

あぽろ

現在は、bitbank.cc(ビットバンク)も利用者が増えたため、以下のような事を心配する必要は全くありません。

bitbankは、利用者がコインチェックビットフライヤーと比べるとまだまだ少ないため、出来高が少ないです。

出来高が少ないと、いざ取引をしようと思った時に「買い手」や「売り手」が見つからず、取引が成立しない恐れがあります。また、大口買い・大口売りの影響を露骨に受けやすいため、他の取引所のレートとの乖離が起こりやすいです。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)も登録しておこう!

bitbank Trade(ビットバンクトレード)とは、今回紹介したbitbank.cc(ビットバンク)と同じ会社の運営する、別の取引所です。

bitbank.cc(ビットバンク)と、bitbank Trade(ビットバンクトレード)の違いは、

  1. bitbank.cc(ビットバンク)は、アルトコインを売買するための取引所
  2. bitbank Trade(ビットバンクトレード)は、ビットコインFXをするための取引所

という点です。

bitbank Trade(ビットバンクトレード)の登録方法は、以下の記事で解説したので参照してください。

bitbank.cc(ビットバンク)登録方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

bitbank.cc(ビットバンク)は登録方法が簡単で、手数料も無料なオススメの取引所なのでぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です