ビットコインFXならbitbank Trade

キングコング西野さんの新通貨L(レターポット)が革命的すぎる!

ゴッドタンの西野さんって、めっちゃ面白くね?w

どうも、大学生のあぽろ(@aposchla_blog)です。

今日はゴッドタンの話でありません。もっと面白い話です。

先日キングコングの西野さんが新たな通貨を作ることを発表しました。その名も『新通貨L』、別名『レターポット』文字をお金にするという超斬新なアイデアで話題になっています。もはや斬新すぎて、「ちょっと何を言ってるかわからない」レベルですね(笑)

「はい、どーせまた話題作りでしょ?」

そんな声が聞こえてきそうですが、いやいや、この通貨、世の中を変える可能性を秘めているんです。なにせ今までのお金の概念とはかけ離れていますからね。斬新すぎる分、世間に受け入れられるまでに時間はかかるかもしれませんが、非常に面白いアイデアだと思います。

そこで、この記事では、そもそも具体的にどのような通貨なのか、そして普及するのか、僕個人の意見を述べてみたいと思います。

あぽろ素人なんでわからないですけど…、
では行こう!!

そもそもどんな通貨?

そもそも、文字をお金にするってどういう意味なのでしょうか。西野さんは次のように述べています。

プレゼントを贈りたい人は、運営から1文字10円(※ここは、まだ確定ではありません)で、文字を買います。
たとえば、僕があなたの誕生日に「お誕生日おめでとう…」という500文字の手紙を書きます。
500文字なので、「×10円」で、5000円の請求が僕に来て、
支払いが済み次第、あなたのレターポットに500文字(の手紙)が振り込まれます。
あなたは運営に申請を出して、500文字を5000円にしてもいいし、レターポットに貯まっている文字(レター)を使って、被災地に「頑張ってください」という手紙を贈ってもいい。
その手紙の文字が、そのまま被災地支援になるわけです。
(CAMPFIREより引用)

なるほど、何か贈り物をする時に使う通貨のようですね。直接お金を渡すのは「気持ちがこもってない」「非常識」と言われがちだが、物のプレゼントを渡しても貰い手にとっては本音ではあまり嬉しくないケースも多々ある。そこで、お金を文字として送れば気持ちが伝わる上に、貰い手も絶対嬉しいだろう、という発想のようです。

信用される人は色々な人から言葉をかけられるから信用のある人にお金が集まる健全な経済になるというコンセプトもあるようですね。

この他にも、西野さんは劇場から出てくる芸人さんにお菓子を差し入れする例や、職場を退職する人に渡す贈り物の例を挙げていました。

このアイデア、皆さんどう思いますか?

素晴らしい発想だ!!と思う一方で、僕は1点、少し気になる点があります。

インターネットとの相性の悪さ です。

実際に普及するのか?

この通貨は、円のように実際に目に見える形で存在する通貨ではなく(100円玉や1000円札は実際に目に見える形でありますもんね)、インターネット上で存在する仮想の通貨です。つまり、普及したら、スマホでぽちぽちして、文字に化けたお金を送ることになります。これって、贈り物と相性悪くないですかね…?

誕生日プレゼントを郵送で送る人なんてまずいません。超顔が広く多忙な有名人なら有るのかもしれませんが(?)、一般人ではまずないでしょう。なぜプレゼントを郵送で送らないのか。それは、誕生日の前後にわざわざ会って、誕生日おめでとう!色々迷って買ったんだ!開けてみて!と満面の笑みで言われ、なんだろうとワクワクしながら開ける、というこの一連の流れこそが重要だからだと思います。貰った側からすれば、物自体はあまり好みの物で無かったとしても、この一連の流れによって「思い出」が残ります。この「思い出」こそが大事なのではないでしょうか。

西野さんは、

贈り物の本当の価値は「贈り物に費やした時間」です。
(CAMPFIREより引用)

と語っていますが、僕は、それプラス貰う時の「思い出」が有ると思います。この点、インターネット上の送金では、リアルタイムでの顔が見えませんから、「思い出」要素がどうしてもかけてしまいます。この点をどうするか、が普及の課題なのではないかなと個人的には思っています。

寄付との相性の悪さも!?

ここまで、贈り物の例に対する意見を書いてきましたが、被災地などへの寄付との相性はどうでしょうか。

寄付の場合、今までもコンビニの箱にお金を入れるだけで、渡す時の「思い出」要素はそもそもありません。

しかしながら、寄付の例では、「ネット空間の閉鎖性」との相性が悪い気がします。

皆さんがコンビニや街角で募金する時には必ず誰かしら周囲に人がいるでしょう。(もちろん知り合いとは限りません)。

しかし、レターポットで「頑張ってください」と送ることによって募金するとしたら、部屋で一人でスマホをぽちぽちいじりながら募金することとなります。

こんなことを言ったらすごい悪者になってしまうかもしれませんが、募金をするとき、誰かに見られているという要素は重要な気がします。本当に、誰にも見られていない中部屋で一人で募金するでしょうか。いや、そんな状況でも募金をする人もたくさんいるのはわかっていますが、ネット上で「頑張ってください」と言っていた人たちが、レターポットを使って募金をするかというと少し微妙な気もしてしまいます。

以上のような点をどのように解決するか、が普及への鍵になると思います。ここまで長々と、自分の思う普及への課題について述べてきましたが、発想自体は最高だと思っていますし、もちろん西野さんのアイデアを応援しています。斬新な発想なぶん、世間に受け入れられるまで時間がかかるかもしれませんが、その分、受け入れられた時は世の中が大きく変わることとなるでしょう。

今後の西野さんに期待しています!

では!

【オススメ記事】
レターポットは仮想通貨の一種です!この機会に、仮想通貨の始まりであるビットコインについての記事も読んで見てください!超初心者向けに書かれています!
【初心者向け】ビットコインはバブル?今さら聞けないビットコインの仕組み!【前編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です