▷ 仮想通貨投資の始め方完全ガイド

仮想通貨OMG(OmiseGO)とは?日本人が創業したOmise社の発行する仮想通貨の将来性を解説!

今回は、2018年に期待する通貨として、仮想通貨OmiseGO(OMG)を紹介したいと思います。

仮想通貨OmiseGOは、個人的に非常に注目していて、SRNと並んで、長期的に保有したいと考えている数少ない通貨です。

今回は、仮想通貨OMGの特徴や買い方について丁寧に書いたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    仮想通貨OMGの買い方


  1. 日本の取引所ビットバンクでビットコインを購入する
  2. ビットバンクからBinanceへビットコインを送る
  3. BinanceでOMGを購入する

ビットバンクは、手数料無料キャンペーン中の取引所で、手数料が一切かからず仮想通貨を購入することができますから、国内取引所はビットコインを使うことを強くオススメします。

ビットコインFXならBitMEX

ビットコインFXには、BitMEXがオススメです。

  1. 追証なしで借金リスクがない
  2. レバレッジ最大100倍
  3. 注文が通りやすい
  4. 日本語対応で操作も簡単

実際に私も利用している優良取引所なのでぜひ使ってみてください。

仮想通貨OMG(OmiseGO)とは?

東南アジアでのオンライン決済のための通貨

OmiseGOは、Omise社の開発する仮想通貨です。

Omise社とは、日本人が創業した、

  • 日本
  • タイ
  • インドネシア

などに拠点を持つ『オンライン決済』の会社で、OmiseGOは、主に東南アジアで、決済を媒介する通貨として使われる通貨です。

仮想通貨 OMG omisego


例えば、日本では、誰でも銀行口座やクレジットカードを持っていて、買い物も自由にクレジットカードで買い物をすることができますが、東南アジアでは、銀行口座を作るのに多額のお金を必要とするため、銀行口座やクレジットカードを持っていない人も少なくありません。

一方で、スマートフォンは、もう既に普及していて多くの人が手にしています。

そこで、スマートフォン同士で決済ができるようにしよう!として作られたのがOmiseGOなのです。

仮想通貨 OMG omisego


あぽろ
でもこれならビットコインとかでもよくない?

と思うかもしれませんが、OmiseGOは、他の仮想通貨と比べてリードしている点がたくさんあります。

決済アプリは既にある程度普及

まず第一に、Omise社は、既に決済アプリをリリース済で、タイや日本で実際に利用することができます。

Omise

Omise
開発元:OMISE PAYMENT
無料
posted withアプリーチ

昨年9月には、タイのマクドナルドで、Omise決済が導入されたことで話題になりました。

仮想通貨 OMG omisego


現在は、

  • クレジットカード
  • インターネットバンキング
  • Alipay
  • 請求書払い

にしか対応していませんが、ここに、

  • OMG(OmiseGO)払い

が将来的に加わるということです。

omise


軸となる決済アプリが既にある程度普及しているだけに、OmiseGOにも非常に注目しています。

Omise社は、タイ政府や韓国最王手カード会社とも提携

Omise社は、今年2月、タイ政府機関ETDAと、ブロックチェーンを活用した国民IDの開発をしていくことを発表しました。

タイでは、車を買ったり、口座を開設したり、病院へ行ったりなど、あらゆる時にIDカードが必要とされていて、満15歳以上のタイ人は、常時携帯しなければなりません。

これに、ブロックチェーン技術を組み込むのに、OmiseGOが協力するということです。

また、今年4月には、新韓カードという、韓国のクレジットカード市場の23%を占める最大手の会社との提携を発表しました。

このようなニュースを聞いていると、本当に、OmiseGOがアジアの決済手段の主流となるのでは無いかとワクワクしますね!

OmiseGOの通貨としての特徴

ここまで、Omise社の凄さを中心に語ってきましたが、仮想通貨としてのOMG(OmiseGO)は技術的に優れているのでしょうか?

法定通貨と仮想通貨の媒介、異なるブロックチェーン同士の媒介までできる

仮想通貨 OMG omisego


ホワイトペーパーによると、OMGは、

  • 異なる国の法定通貨同士
  • 別のブロックチェーンを持つ仮想通貨同士
  • 法定通貨と仮想通貨

など、あらゆる通貨の交換を媒介することができます。

OmiseGOは、あらゆる決済が障壁なく自由に行われることを目指しているようです。

イーサリアム開発者がアドバイザー

仮想通貨 OMG omisego


OmiseGOの開発には、イーサリアム開発者のVitalik氏がアドバイザーとして関わっています。

他にも、経験豊富なメンバーが開発に携わっている印象です。

技術的にも、非常に優れていると言えそうです。

日本の取引所への上場は?

現在、残念ながら、日本の取引所では、OmiseGOを購入することはできません。

しかし、Omise社は、日本に独自の仮想通貨取引所を開設する意向で、金融庁への登録準備を進めているようです。

OmiseGOは、SBIホールディングスやSMBCグループといった日本の超大手企業から支援を受けており、また、Omise者の創業者が日本人であることから、全く根拠のない願望ではありますが、BitFlyerなど日本の取引所に上場しないかと個人的に期待しています。

OMG(OmiseGO)の買える取引所

OmiseGOは、海外の取引所Binanceで購入することができます。

注意
海外取引所のご利用は、自己責任でお願い致します。

仮想通貨OMG(OmiseGO)の概要

通貨単位 OMG
発行上限 140,245,398枚
ホワイトペーパー こちら
OmiseGO公式サイト こちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です