▷ 仮想通貨投資の始め方完全ガイド

【3分でわかる7つの習慣】7つの習慣を理解するために今すぐやめるべき7つの習慣

sevenhabitstitle
「7つの習慣」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
スティーブン・R・コヴィー博士が執筆した本で非常に話題になった本の題名です。
人間は成功したいと思うとどうも成功法を追い求めがちです。
速読法や勉強法など様々な〇〇法というのを私たちは日常生活で見かけます。
そんな〇〇法の具体例のひとつに7つの習慣も当てはまるのではないでしょうか?
もちろん筆者も7つの習慣を読み、非常に影響を受けました。ぜひ一度読んでいただきたい本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

しかし!実際に成功法を真似てもなかなか結果に結びつかないことが多い…という経験はありませんか?
それは「〇〇をすればいいんだ!」と思い、「やってはいけないこと」という重要な点を見落としているからなのです!
そこで今回はコヴィー博士の7つの習慣を身につけるために、7つの習慣を逆から見た「やってはいけない7つの習慣」あるいはそれをすでにやってしまっている人にとっては「今すぐやめるべき7つの習慣」についてまとめていきます。
本記事が盲目的に成功法を追い求めず、時に足元を見ようと思っていただけるきっかけになれば嬉しいです。

7つの習慣とは

question

主体性

まず7つの習慣のうちの第1の習慣としては主体性です。
当たり前ですが人は自分の行動を自分で決めることができます。
何かをすると決めるのも自分、何かをしないと決めるのも最終的に自分であるということです。
人は主体性を発揮して率先的に行動していかな身にならんで!ということをコヴィー氏は言っているわけです。

終わりをイメージする

第2の習慣は終わりをイメージすることです。
終わりというのを簡単に言い換えると目的です。
何か行動をするときにはその目的を設定した方がええで!ということです。
たしかに目的意識を持つことが重要だということはなんとなく理解できるかと思います。

優先順位をつけて行動する

第3の習慣も比較的簡単に理解できるかと思います。
優先順位をつけて優先すべき行動を優先する、です。
例えば小学生であれば遊ぶ前に宿題を終わらせる、とかサラリーマンであれば午後の会議の資料を提出してから昼休憩に行く、とかごく普通の優先順位です。
スマホとかいじる前に優先順位を考えーや!ということを言っているわけですね。

Win-Win

第4の習慣からは自分だけでなくまわりにもプラスな影響を及ぼす習慣について書かれています。
第3の習慣までは自分の身にとってプラスなことに注目してきました。
まわりを巻き込む最初の習慣は互いに利益となることを考えることです。
ビジネスではよく使われるフレーズですが、2人のプレイヤー双方にとって得する方法を考えましょうというシンプルなことです。
コメ農家のAさんがお隣できのこを栽培しているBさんに収穫したお米をおすそ分けし、BさんもまたAさんに栽培したきのこをおすそ分けします。

こうすることで炭水化物ばかり摂取するしかなかったAさんは炊き込みご飯をつくることでミネラルやビタミンなどの栄養も摂ることができるようになります。
Bさんもきのこばかり食べるひもじい日々から脱却できます。
このように日常生活でみられるWin-Winの関係を常に継続するといいことがありそうですね。
お互いに満足するような選択をかんがえーや!ということがコヴィー氏の主張です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です