▷ 仮想通貨投資の始め方完全ガイド

仮想通貨TRIGが大手取引所Binanceに上場!高騰に期待!?将来性と買い方を解説します

本日12/29日、TRIGがBinanceに上場しました!

TRIGといえば、時価総額82位と、まだまだ草コインながら、非常に期待感が大きく、Twitter上でも頻繁に名前を見るほどです。

trig
(https://coinmarketcap.comより引用)

2018年にブレイクする銘柄としてTRIGの名前をあげる人も数多くいます。

そんなTRIGですが、Binanceに上場するまで、TRIGを購入できるのがBittrexのみで、そのBittrexは現在新規の登録を一時停止しているため、Bittrexの口座を持っていなかった人は、TRIGを買いたくても買えない状況でした。しかし、Binanceに上場したことで、Binanceに登録すれば、誰でもTRIGを買える状況となったため、TRIGに一気に資産が流れ込むことが期待されます。

ちなみに、Binanceの登録は、身分証の提出が必要ではなく、1分で簡単に終わるので、まだ口座を持っていない人はこの機会に是非作ってみてください!

Binance公式

というわけで、Binanceに上場したTRIGですが、そもそもどんな通貨なのか、将来性はあるのか、そして最後に買い方について説明していきたいと思います

あぽろ
では行こう!

そもそもTRIGってどんな通貨?

スマートガンの技術をブロックチェーンと組み合わせて銃社会の安全性を高めることを目的

trig

スマートガンとは、あらかじめ設定しておいた所有者以外が銃を発射できない仕組みとなっている銃のことで、例えば、指紋や網膜で銃の所有者を設定しておくことができます。

銃を目にすることなどまずない日本では、あまりピンとこないかもしれませんが、アメリカなどの銃社会では、子供による銃の誤発射や、銃を犯罪者に盗まれ銃が犯罪に使われるなどの事件があとをたたず、これらを防止する目的で開発が進んでいます。

あぽろ
へえ、すごいじゃん!
あぽろ
でもブロックチェーンと組み合わせなくてもiPhoneみたいに指紋登録システムだけつけておけばよくない?

と思うかもしれませんが、これでは反対の声が大きいのです。というのも、このように銃に認証システムを利用すると、中央集権的なシステムに自分の情報を入力しなければならず、これは政府による銃の保有監視につながってしまうからです。

そこで、目がつけられたのが、非中央集権的で、かつ匿名性の高いブロックチェーン技術なのです。ブロックチェーン技術を用いてスマートフォンなどで、簡単に銃にロックをかけられ、さらに匿名性が高く政府に監視されることもない。このシステムを媒介するのが今回紹介している仮想通貨TRIGなのです。

TRIGは、このように利用目的がはっきりしている通貨であり、利用目的が明確化されている通貨こそがこれから伸びていくとあぽろは考えています!

マスターノード

TRIGは、3/31日に発表されるウォレットに1500TRIG以上を入れておくと、サブトークンとして保有TRIGの25%のAMMOがもらえるそうです。

NEMがハーベストのおかげもあって広く普及したように、TRIGもこのマスターノードのおかげで広く普及するかもしれません。

あぽろ
25%は凄い!

ちなみに、現在1TRIG=600〜700円ほどなので、1500TRIGは100万ほどです。

あぽろ
学生には高いぜ…

そもそも1月以降はBinance(バイナンス)銘柄に期待できる!?

個人的には1月以降Binanceという取引所で購入できる通貨が伸びるのではないかと期待しています。

というのも、現在、海外の超大手取引所Bittrexが新規の口座登録を一時停止しており、その分Binanceに新規登録者が殺到しているからです。

これは、Binanceの公式Twitterが上げていた画像ですが、12/19に登録者200万人を突破してからたった9日後の12/28に登録者300万人突破したらしいです。

もの凄いで新規登録者が増えているのがわかると思います。

現在、年末の非常に新たな資金が流入しにくい時期+ビットコイン相場が荒れ気味ということでBinance銘柄の伸びが一時的に止まっていますが、1月以降資金が流入して高騰する可能性が高いと個人的に考えています。


TRIGを買うならBinanceがオススメ!

TRIGは現在BinanceとBittrexで購入することができますが、手数料の安さデザインの見やすさ、などの理由から、Bittrexの口座を持っていても持っていなくても、TRIGを買うならBinance一択です!

Binance公式

Binanceの登録方法

まず、Binanceの公式サイトへアクセスします。

Binance公式

binance

日本語でわかりやすいですね!「アカウントを作成」を押すと以下のページへ行くので

touroku

①にメールアドレス②③にパスワードを入れ、④のチェックボタンを押して、最後に「登録」を押しましょう。ちなみに、メールアドレスやパスワードは、日本の他の取引所のものを使いまわすと、万が一、一方の取引所でパスワードが流出して盗難以外にあった場合、もう片方の取引所の試算も盗まれてしまうこととなるので、パスワードは別のものを使うことを強く推奨します。

登録ボタンを押すと、Emailが届きますので、「Verify Email」を選択しましょう。

これで登録は終わりです。

あぽろ
え、凄い簡単!

ちなみに、身分証明書を提出しなくても1日2BTCまでは取引可能です。

最後に二段階認証を!

CoinCheckBitFlyerと同様、Binanceでも二段階認証を設定することができます。

二段階認証を設定していない状態だと以下のような画面が出てきますので、

google

「Google検証」を選択しましょう。こちらが、おなじみの「Google Authenticator」です。

後は、日本の取引所と同じように登録できると思います!

Binance公式

今日の記事はここまで!では!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です